MENU

 43歳、自由業の女です。高校2年生から薄毛に悩まされてます。

 

 薄毛に気が付いたのは、高校2年生でした。今では分け目が子供のおもちゃの電車の線路ぐらいの広さになってます。分け目付近の髪の毛が触っただけで抜けるので様子を見てましたら分け目の広さが広がって来ました。

 

 まずは髪の毛を切りに行った時に美容院に相談しました。気が付いた当時は私は高校2年生でしたので病の可能性が低いとの事でまずは真ん中で分けてた分け目を左右のどちらかに分け目を変えるように言われました。

 

 しばらく分け目を左にしてました。真ん中の分け目をしてた部分は相変わらず髪の毛が抜けました。美容院から市販されてるシャンプーの中には台所洗剤と同じ成分の物もあるのでシャンプーを変えると良いかもしれないと言われました。自分のシャンプーの仕方を振り返ってみました。

 

 手にシャンプーを載せて分け目付近に付けてました。このシャンプーの仕方は間違ってました。分け目付近に直接シャンプーをつけるのですから分け目付近の髪の毛がジリジリしてました。抜けた髪の毛をよく観察してみますと、全てジリジリしてました。このジリジリが抜け毛と関係あるかもしれない、と思いました。

 

 試しに抜けにくい部分の髪の毛を抜いてみて、分目付近の髪の毛と比較するとジリジリしました。ですので、シャンプーをする時はシャンプーもお湯で薄めて泡立ててから髪の毛につける事にしました。髪の毛につける時には、東低の部位のみにシャンプーをつけるのではなく、シャンプーする度につける部位を変えてました。この方法にしてから、以前よりジリジリした髪の毛は減りました。抜け毛は少なくなりましたが、完全に改善されたと言うわけではありません。

 

 大学に入ると、いつの間にか抜け毛は気にならない程になりました。しかし、就職して再び抜け毛が気になりだしました。社会に出てからの抜け毛は、やはり分け目でした。大学時代は自由が多くストレスが少ない環境でしたが、社会に出てからは抜け毛だけではなく湿疹もひどくなり、ストレスによる脱毛と診断されました。

 

 肌疾患も出てた為に皮膚科で診察してもらったとこr、ストレスを感じない生活を心掛けるように、と言われました。できるだけ自分を押し殺さず、自分を労わる生き方をしようと思いました。好きな物を食べて日常にアロマを取り入れてストレスを軽減すると、抜け毛もマシになりました。